神戸・大阪で再婚したい方のための結婚相談所の紹介です。

TEL:078-327-5537

外出にて電話が繋がらない場合、お手数ですがメールにてご相談内容を頂ければ幸いです。


再婚のための結婚相談所ガイド ~神戸・大阪~ > 養育費・戸籍はどうなるの?

養育費・戸籍はどうなるの?

再婚後の養育費はどうなるの?

先妻との子どもがいて、その子どもの養育費を支払っている場合(男性)

養育費・戸籍はどうなるの?

あなたが再婚したからといって、先妻との子どもの実父であるという事実は消えません。その子どもが成人するまで養育費を支払わなければなりません。

ただし収入が減った場合や、自分の再婚相手との間に子どもが生まれた場合など、養育費を払い続けるのが難しくなった場合、交渉次第ですが養育費を減額することができます。
また先妻が再婚し、その子どもが再婚相手の養子になっている場合、戸籍上の扶養義務が先妻側に発生するので養育費減額を申し立てることができます。


先夫との子どもがあり、その子どもの養育費を受け取っていて再婚する場合(女性)

再婚後の養育費はどうなるの?

先夫との子どもを養子縁組していない場合は先夫に扶養義務があるため、今まで通り養育費を受け取ることができます。また再婚相手の養子としていたとしても、養父に経済的余裕がなかった場合は、今まで通り養育費を先夫より受け取ることができます。

※養子縁組していないと、その子どもは遺産相続の対象にはなりません。養子にするかどうかはしっかりと考えましょう。


再婚後の戸籍はどうなるの?

再婚後の戸籍は以下の通りになります。

当人の戸籍の動き

再婚後の戸籍はどうなるの?

再婚した後は「2人で新しい戸籍を作り、その戸籍に入る」ことになります。
ただし、2人のうちどちらか1人(Aさん)が戸籍筆頭者だった場合、もう1人(Bさん)がその人(Aさん)の戸籍に入ります。


子ども

子どもを引き取った親が再婚した場合、戸籍は以下の通りとなります。

再婚後の戸籍の動き

つまり親が再婚した場合、子どもの戸籍は移動しません。子を自分と同じ戸籍(この場合で言えば佐藤B美を鈴木の戸籍)に入れたい場合、養子縁組をする必要があります。

成婚率が高い結婚相談所をお探しの方はこちら>>

Marriage Management Center マリッジ マネージメントセンター

ページトップへ






Copyright(c) 2007 再婚のための結婚相談所ガイド ~神戸・大阪~ All Rights Reserved.